子育て・美容・健康

【腰痛予防?いつからいつまで?】抱っこひもより断然ヒップシートキャリアがおすすめ【ポグネー】

hipseat-title
Designed by Freepik

ヒップシートキャリアのレビュー、メリットやデメリットが知りたい。

このような方向けの記事です。

 

悩むひと
ヒップシートっていつから使えるの?
抱っこ紐より腰痛になりにくいって本当?

抱っこ紐とヒップシートで迷ってるモキュ!
どっちがいいモキュ?
モキュたろう
モキュママ
断然ヒップシート!
新生児から使えて買い足し不要よ。

私が紹介します

・0歳の息子を育てる30代の現役ママ
・数ある抱っこ紐、ヒップシートを試着し徹底比較・リサーチ

この記事の内容

  • ヒップシートキャリアが使える期間
  • おすすめのヒップシートキャリア
  • 【実体験レビュー】ヒップシートキャリアの良い点、悪い点

関連記事ベビーチェアの種類と選び方を紹介【シーン別のおすすめは…?】

ヒップシートはいつからいつまで使える?【一つあれば買い足し不要】

hipseat004

Designed by Freepik

ヒップシートキャリアは、「生まれたての新生児から3歳頃まで」使うことができます。

子どもが成長して体重が増えても、長く使っていられるのがヒップシートキャリアの特徴ですね。

 

また、子どもを抱っこしていると

「肩が凝って…」

「腰が痛くて…」

このようなお悩みがつきものです。

 

その点、ヒップシートキャリアだと、そのようなお悩みを解決できるかもしれません。

ヒップシートキャリアなら、下記の特徴から腰の負担が軽減され、腰痛になりにくくなるでしょう。

hipsheet006

腰痛になりにくい!ヒップシートの特徴

・台座(ヒップシート)に赤ちゃんを座らせることで

・腰ベルトで重さを分散

・安定して赤ちゃんを支えられる

 

「はじめに抱っこ紐を買ったけど、子どもが重たくなってきた」

「抱っこ紐で支えるのがつらいので、追加でヒップシートキャリアを購入した」

このような方が意外と多いようです。(店員さん談)

 

ヒップシートキャリアは新生児から3歳まで使えるで、子供の成長に合わせて買い足す必要がありません。

長く使えるため、買い足し不要で家計にもやさしいですね。

モキュママ
では早速、おすすめのヒップシートを見ていきましょう。

おすすめはポグネーの「NO5 プラス ヒップシートキャリア」

hipseat002

Designed by senivpetro / Freepik

私のおすすめは、ポグネーの「NO5 プラス ヒップシートキャリア」。

数々の抱っこ紐を試着し、「良い!」と即決したのがこのヒップシートです。画像はこちら。

hipsheet005

そして、ポグネーNO5 プラスならではのおすすめポイントはこちらです。

ポグネーNO5 プラスのメリット

  • 赤ちゃんが重くなってもママ楽ちん!しっかり腰で支える構造
  • はじめてのママも迷わない!シンプルな装着手順
  • 台座に座らせるので赤ちゃんごきげん!
  • 室内で赤ちゃんをあやせる!台座だけ取り外し可能
  • 新生児から3歳(15kg)まで長く使える!
  • サイズ調整がスムーズ!紐はシートベルトと同素材
  • デニム柄のデザインが可愛い&おしゃれ!
  • 眠った赤ちゃんを起こさない!サイレントファスナーを採用
  • なのに軽い!(台座は特性の発泡ポリプロピレン)

 

モキュママ
次で具体的に、「特にすごい!」と思ったポイントを紹介しますね。

室内で使える!台座単体で赤ちゃんをあやそう

キャリア上部と台座が取り外せるので、室内で赤ちゃんをあやすのに大活躍しますよ。

台座の表面に滑り止めが施してあるので、しっかり赤ちゃんを座らせられます。

片手が空いて楽ちん!

実際にあやしている画像がこちら。

hipsheet001
hipsheet002

ベリベリ音がしない!静かな場所や赤ちゃんが眠っても安心

ヒップシートを外す際、どうしても面ファスナー(マジックテープ)を剥がすベリベリ音がしてしまいます。

しかしポグネーNO5 プラスは、サイレントファスナーを採用!

眠ってしまった赤ちゃんを起こさずに外すことができます。

静かな会場でも安心ですね。

hipsheet003

首がすわるまでは「新生児インサート」とあわせて使おう

首がすわるまでは、必ず新生児インサート(別売)を使いましょう。

モキュママ
新生児インサートはおくるみにも使えるわよ!
  • もっと詳しく知りたい方

ポグネーNO5 プラスには、もっと良いところがたくさん。

公式サイトでは、さらに詳しく紹介しています。

こちらをご覧ください。

ポグネーNO5 プラスをもっと見てみる(公式サイト)

次は、ポグネーNO5 プラスのデメリットをお伝えします。

ポグネーNO5 プラスのデメリットとその解消法

Designed by rawpixel.com / Freepik

ポグネーNO5 プラスにはこんなデメリットがあります。

デメリット

  1. 背中のバックルが留めづらい
  2. 台座がかさばる
  3. 暑い

解消法も合わせて詳しく紹介しますね。

1.背中のバックルが留めづらい

背中のバックルとはここのこと。

hipsheet003

身体が硬い方だと、留めづらいと感じると思います。

でも大丈夫!装着する前に背中のバックルの紐を緩めておけば、留めやすいですよ。

コレで解決

背中のバックルの紐を緩めてから、装着しよう!

2.台座がかさばる

ヒップシートである台座は、軽量ですがかさばってしまうのが難点です。

しまう時は、キャリア上部とヒップシートを取り外し、折りたたみましょう。

取り外しはとってもカンタン。折りたたんでスッキリ収納!

こんなにコンパクトになります。

hipsheet004

コレで解決

キャリア上部とヒップシートを取り外して折りたたもう!

3.暑い

腰に巻く面ファスナーがしっかりした素材のため、暑いと感じるかもしれません。

冬でも腰部に汗をかくことも。

インナーは薄着のものを選びましょう。

コレで解決

インナーは薄着のものを着て暑さ対策をしよう!
  1. ヒップシートキャリアの詳しい使い方

装着方法を詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

おわりに

hipseat005

Designed by onlyyouqj / Freepik

今回は、ポグネーNO5 プラスのヒップシートについて詳しくご紹介しました。

赤ちゃんが生まれてからずっと使うものなので、良いものを選びたいですよね。

ヒップシートは、腰痛予防になる上、ずっと長く使えることが何よりのメリットです。

購入を迷われている方の参考になれば幸いです。

関連記事ベビーチェアの種類と選び方を紹介【シーン別のおすすめは…?】




-子育て・美容・健康
-,

© 2021 どうちゃん.blog