就職・転職

【違いと特徴】転職サイト、転職エージェントのメリットとデメリット

晴れ

悩むひと

転職したいけど、転職サイトって色々あるよね…

転職サイトやエージェントは何が違う?何ができるの?

このような疑問に答えます。

 

この記事を読むことで…

  • 転職サイトのメリット、デメリットを知ることができ
  • 自分の理想の会社を見つけられる可能性が高まります

 

あなたが転職に成功すると、今より充実した生活、幸せな暮らしが待っていることでしょう。

なので、転職には失敗したくないし、そのためには転職サイト、エージェントを上手く利用することが不可欠です。

 

この記事は、筆者が転職を経験し、理想に近い会社を見つけ就職できた経験から、これから転職活動を始められるあなたに向けて書いていきます。

この記事でわかること

  • 転職サイトの種類によるサービスの違い
  • 転職サービスごとのメリット、デメリット
  • 利用すべきの転職支援サービス

転職サイト、エージェントの違い【特徴も解説】

疑問

まずはじめに、「転職サイト」と「転職エージェント」の違いを書いていきます。

転職サイトと言われるものはこの2種類

転職サイトは広義で、次の2種類があります。

  1. エージェント型
  2. 直接応募型

どちらも、会社と求職者を仲介しているサービスです。

メモ

 

転職サイトというと、直接応募型の リクナビNEXT doda をイメージする方も多いと思いますが、エージェント型の求人サイトも、転職サイトの一種になります。

 

では次に、「エージェント型転職サイト」と、「直接応募型の転職サイト」の特徴と違いを書いていきます。

それぞれどういう特徴、違いがあるか

エージェント型転職サイト」「直接応募型の転職サイト」の次のような特徴があります。

 

エージェント型の特徴は次のとおり。

  • エージェントと面談し希望条件を伝えると、エージェントが求人を紹介してくれる
  • 自分で片っ端から求人を調べる必要はない

 

直接応募型の特徴は次のとおり。

  • サイトに掲載されている求人を自由に見ることができる
  • そして、自由に応募することができる

 

それぞれ上記のような特徴があります。

 

そして、エージェント型と直接応募型の決定的な違いは

求人を人に探してもらうか、自分で探すか」です。

 

エージェント型は、「エージェントがあなたの希望に近い会社を探して紹介」してくれます。

一方で直接応募型は、「あなた自身が求人を検索し、気になった会社に応募する」というやり方で転職活動を進めます。

この2種類を利用して転職活動を進める

転職活動は、この「エージェント型」と「直接応募型」の2種類を利用して進めるのが効率的です。

次で、それぞれの特徴を深堀りしていきます。

 

それぞれの特徴を深堀り【メリットとデメリットは】

効率化

それぞれの特徴とメリット、デメリットを理解しサービスを使うことで、あなたは効率的に転職活動を進められます

それぞれ便利な部分、そうでない部分がある

すでにお伝えしたように、エージェント型は「エージェントに希望条件を伝え、エージェントが求人を紹介してくれる」という特徴がります。

 

ぶっちゃけ、エージェント型はメリットが多く、デメリットはほとんどないと言ってもいいくらいです。

 

具体的には以下のとおりです。

 

エージェント型のメリットとデメリット

エージェント型のメリット4つ

  1. 濃い情報が得られる
  2. 求人を探す手間が省ける
  3. クッションになってくれる
  4. 選考のサポートをしてくれる

 

エージェント型のメリット①濃い情報が得られる

エージェントに相談に来る人たちは、その会社の「物足りない部分」「満足している部分」など、実際に働いてみて感じた生の情報を持っています

 

なのでエージェントは、そういった内容を数多くヒアリングしており、結果的に色々な会社のリアルな声を聞いています

 

ポイント

そのようなリアルな声は、公開している求人票からはなかなか読み取れなかったりします

 

求人情報から読み取れないような、「その会社で働いていた人たち」のリアルな情報を、エージェントを介して入手することができるのがメリットです。

 

エージェント型のメリット②求人を探す手間が省ける

求人情報はすべてエージェントが紹介してくれますので、自分で求人を読みあさる手間が省けます。

まず、エージェントに利用登録すると、はじめにエージェントと面談を行います。

その面談の中で、希望条件である「仕事内容」や「待遇」などを伝えます。

 

ポイント

その内容をもとに、エージェントが情報収集してくれ、希望に近い求人を紹介してくれます。

 

これがエージェントの流れです。

 

なので、はじめに面談が必要にはなりますが、自分で求人情報を読みあさる手間が省けるのがメリットです。

 

エージェント型のメリット③クッションになってくれる

会社側に確認したい条件や待遇など、エージェント経由で確認ができます。

 

例えば、給与交渉や育休、産休実績など、「直接会社に聞きにくい」「交渉のやり方がわからない」という内容は、エージェントが代わりに会社に問い合わせをしてくれます。

選考が始まる前でも、始まってからでも、心配な部分はエージェントに相談して、情報を得られるというところがメリットです。

 

ポイント

特に給与交渉などは、場合によっては会社側から「良い印象をもたれない」ことあります。

 

なのでエージェントを経由して交渉できるメリットは大きいでしょう。

 

エージェント型のメリット④選考のサポートをしてくれる

経歴書の添削や模擬面接を行い、選考が通りやすいようにサポートをしてくれます。

 

例えば、会社によって面接の雰囲気や質問は違いますが、「どんな雰囲気の面接なのか」「どんな質問をされることが多いか」などの情報が得られるため、あらかじめ準備することが可能です。

 

選考が進むと、「次の面接では積極的な姿勢を求められています」といったような、具体的な内容を言わたりもします。

 

ポイント

会社側にあなたの魅力が伝わるように、具体的なサポートアドバイスをしてくれるのがメリットです。

 

また、面接日の日程調整もエージェントが間に入り行ってくれます。

 

エージェント型のデメリット2つ

  1. はじめに面談が必要
  2. 会社側からすると、高コストである

 

 

エージェント型のデメリット①はじめに面談が必要

エージェント型のデメリットはほぼない、と言ってもいいです。

 

ただ強いてあげるなら、はじめに面談の必要があるため、面談の時間をつくる必要がある、ということがデメリットでしょう。

 

それでも、はじめの面談で希望条件をしっかり伝えてさえいれば、あとはエージェントが希望に近い求人を色々と紹介してくれます。

なので断然メリットが大きいと言えます。

 

エージェント型のデメリット②会社側からすると、高コストである

一方これは採用側の会社の話ですが、会社はエージェントを通して採用すると、採用した人の年収の何割かをエージェントに支払うことになります。

求職者側のデメリットではないですが、「会社側はコストをかけてでも優秀な人材を採用したい」ということですね。

 

直接応募型のメリットとデメリット

直接応募型のメリット2つ

  1. いろんな会社の求人が検索できる
  2. 気になる会社へ自由に応募できる

 

直接応募型のメリット①いろんな会社の求人が検索できる

基本的に、利用登録さえすれば、公開されているすべての求人を見ることができます。

 

業界や職種、勤務地を決めかねている場合には、「幅広く情報収集を行って検討してみたい」ということもあるでしょう。

 

直接応募型では、求人は自分自身で探していくので、有名企業や気になる業界を幅広く検索できることがメリットです。

 

直接応募型のメリット②気に入った会社へ自由に応募できる

検索して気になる会社への応募が自由なのがメリットです。

応募条件が厳しい場合でも、実績などがアピールできれば、面談へ進める可能性はゼロではないかもしれません。

 

直接応募型のデメリット3つ

  1. 情報収集は自分で行う
  2. 日程調整は自分で行う
  3. 給与交渉は自分で行う

 

直接応募型のデメリット①情報収集は自分で行う

求人の情報収集は自分で行うことになります。なので、情報収集の手間と時間を取られてしまうのがデメリットです。

 

色んな会社の求人が見れるというメリットの反面、「自分で検索して求人内容を比較する」という作業が必要になります。

 

直接応募型のデメリット②日程調整は自分で行う

面談の日程調整は、会社の人事担当者と直接やり取りします。

 

これは伝え方にもよりますが、都合の合わない日程が続いた場合など「優先順位が低いのではないか…」と受け取られてしまう可能性がゼロではありません。

 

エージェントが間に入ってクッションになってくれるのとは違い、直接のやり取りとなると、伝え方を考えたり、ある程度の配慮と準備が必要です。

気遣いややり取りの手間が発生するのがデメリットです。

 

直接応募型のデメリット③給与交渉は自分で行う

給与交渉は、役員や人事担当と行いますが、これも伝え方によっては「お金でものごとを決める人」という印象を持たれる可能性があります。

仕事なので、給与が判断材料になるのは当然です。

しかし、「他に待遇のいい話があったら、すぐに辞めちゃうのかも…」と受け取られる場合もあるため、自分で給与交渉を行うハードルは高いでしょう。

 

どっちを使えばいいの?→結論、両方使おう

悩むひと
じゃあ、どっちの転職サイトを使えばいいの?

 

結論は、両方使うです。

 

  • 具体的な情報が知りたいなら「エージェント型」が有利です。
  • 幅広く求人をみたいなら「直接応募型」が有利です。

 

使い方としては、「エージェントで求人を紹介してもらい→その中で何社か応募しながら→並行して自分で求人を検索する」という感じです。

ポイント

自分でよさそうな求人を見つけたら、一度エージェントに相談してみましょう。

選考に進む可能性があるか」「会社がもとめる人物像に合っているか」などを聞き、可能性があるようなら、そちらも応募してみましょう。

効率的に転職活動を進めるために、利用すべきは

転職

転職活動に大事なのは「サービスを上手く使い、スピーディーに情報収集し、効率的に進める」ということです。

 

エージェント型、直接応募型のメリット・デメリットをあげてきましたが、意外と「転職活動をしているけどエージェントは使ってない」という人も一定数います。

 

求人情報を収集し選別する作業は、特に重要でかつ時間のかかる部分です。無料で使えるサービスは、利用して損をすることはないので、積極的に利用して転職活動を進めましょう。

 

はじめのエージェントの面談等は、少しめんどくさいかもしれませんが、利用料はタダだし、いい会社に就職できる可能性は高まります。

 

ポイント

求人検索、会社のリアルな情報を知るのはいちばん重要な部分です。

 

時間を作ってでもサービスを利用するのが、転職活動を失敗せず効率的に進める近道です。

私の経験上、エージェント型は リクルートエージェント doda 、直接応募型は リクナビNEXT が求人数が多く、対応もよかったです。

おさらい 転職サイトの違い、メリットとデメリット

では最後に、この記事のまとめです。

転職サイトの種類は2つ

  1. エージェント型
  2. 直接応募型

エージェントのメリット、デメリット

・メリット

  1. 濃い情報が得られる
  2. 求人を探す手間が省ける
  3. クッションになってくれる
  4. 選考のフォローをしてくれる

・デメリット

  1. はじめに面談が必要
  2. 会社側からすると、高コストである

 

直接応募のメリット、デメリット

・メリット

  1. いろんな会社の求人が検索できる
  2. 気になる会社へ自由に応募できる

・デメリット

  1. 情報収集は自分で行う
  2. 日程調整は自分で行う
  3. 給与交渉は自分で行う

効率的に転職活動を進める方法

ココがポイント

エージェント型、直接応募型を併用して進める。

進め方は「エージェントで求人を紹介してもらう」→「その中で何社か応募する」→「並行して自分で求人を検索する」という流れ。

ココがポイント

自分でよさそうな求人を見つけたら、一度エージェントに相談する。

選考が進む可能性があるようなら、そちらも応募して転職活動を進める。

 

今回は以上です。

-就職・転職

© 2021 どうちゃん.blog