ビジネスツール

【他に選択肢ある?】コスパ最強の革靴ブランド リーガルの弟分 ケンフォードがおすすめな理由

革靴

  • おすすめの革靴、コスパの良い革靴ブランドが知りたい。

 

とお考えの方向けの記事です。

 

悩むひと

・見た目が良い

・そして長く使える

・でも安っぽくない

こんな革靴ってあるのかな?

 

本記事では、このようなお悩みを解決します。

この記事の内容

  • コスパ◎!おすすめの革靴ブランド、ケンフォード
  • ケンフォードがおすすめな、3つの理由
  • ケンフォードのサイズ選びの目安
  • 革靴を長く使うためのポイント
どうチャン
東京、大阪で働いてきた8年目社会人が厳選!

数種類の革靴を使った結果、一番コスパの良かったオススメのブランドを紹介します。

 

▶ケンフォード、kb48のレビュー記事はこちら

【ブログでレビュー】ケンフォードkb48を2年使った感想

 

created by Rinker
KENFORD(ケンフォード )
¥9,600 (2021/09/17 09:27:55時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事【1万円以下で買える】おすすめのビジネスリュック3選 通勤・スーツ・コスパOK

 

コスパ◎の革靴 おすすめブランドは「リーガルの弟分・ケンフォード(KENFORD)」

ケンフォード

革靴の有名ブランドと言えば、リーガル(REGAL)を思い受かべる方が多いのではないでしょうか。

ただ、リーガルの革靴は安いものでも2万円近くするし、結構高い買い物ですよね。

今回紹介する革靴ブランドは、リーガルと同等の品質で、さらに価格をおさえた、リーガルの弟分ブランド「ケンフォード」です。

ケンフォードはリーガルの弟分ブランド

ケンフォードは、リーガルコーポレーションのシューズブランドの一つ。

優れたコストパフォーマンスで、上質の革靴をより広く訴求する

という目的で作られました。品質はリーガルと同等でありながら、さらに価格をおさえたブランドです。

悩むひと
価格以外に、リーガルとケンフォードはどう違うの?
具体的な違いは、次で解説するよ!
どうチャン

ケンフォードとリーガルの違い

ケンフォードとリーガルの違いは、その製法にあります。

靴を作る工程の中で、甲革部と靴底を一つにして一足の靴にする「底付け」という工程があります。底付けの工法の違いが両者の違いです。

  • ケンフォード:接着剤で接着する。
  • リーガル:糸で縫い合わせる。

このような工法の違いがあります。

悩むひと
工法が違ったら何が変わるの?

工法の違いにより、見た目・軽さ・強度・履き心地はリーガルと変わりありません

ひとつデメリットなのが、靴底(ソール)の交換が出来ないこと。

ただ、手間のかかる「底付け」の工程を簡略化することで、「リーガル基準をクリアしたまま価格を下げる」ことを実現したのがケンフォードです。

ケンフォードがおすすめな3つの理由

おすすめ

ケンフォードのおすすめポイントは3つあります。

  1. リーガルと遜色ないデザイン
  2. 3年使っても補修いらず
  3. 価格はリーガルの約1/2

順番に解説しますね。

①リーガルと遜色ないデザイン

ケンフォードはデザインの種類が豊富幅広い年齢層でも使えます。

リーガルの弟分ブランドということで、デザインもリーガルと遜色ありません

定番の「プレーントウ」を始め、「ストレートチップ」「スワールトウ」など豊富なデザインが揃っています。

豊富なデザインがあるケンフォード

ケンフォード003
ケンフォード004
ケンフォード02

出典:ケンフォード公式ページ

どうチャン
ケンフォードはデザインが豊富で、幅広い年齢層でも使えますよ!

②3年使っても補修いらず

安いけど丈夫」なのがケンフォードです。

リーガルと同じ品質試験をクリアしているため、耐久性も問題なし。

私はケンフォードの革靴を購入して3年間ほぼ毎日使っていますが、破れたり革が剥がれたりということはなく、まだ修理せずに使えています。

長く使うため気を使っているのもありますが、まだまだ使えそうです。

なので耐久性は特に問題なしですね。

③価格はリーガルの約1/2

リーガル1足分でケンフォード2足買える価格なのでコスパは◎。

製法の違いで述べたように、リーガルと同等の品質でコストを下げているため、この価格が実現しています。

例えば、同じデザイン(プレーントウ)で比較してみると…

  • ケンフォードのプレーントウだとこの金額。
  • リーガルのプレーントウだとこの金額。
created by Rinker
REGAL(リーガル)
¥18,557 (2021/09/16 21:16:13時点 Amazon調べ-詳細)

ケンフォードのプレーントウは2足でも合計で2万円以下。

お小遣いが少なくても、出費をおさえられるのが良いですね!

ケンフォード サイズ選びの目安・長く使うためのポイント

ポイント

ここでは、下記の2点について紹介します。

  1. ケンフォードの革靴 サイズ選びの目安(普段靴やリーガルとのサイズの違い)
  2. 革靴を長く使うための工夫

①ケンフォードのサイズ感

実際にケンフォードを使ってみてわかった、普段靴やリーガルとのサイズ感の違いを書いていきます。

ケンフォードのサイズ感

  • 普段靴より0.5cmほど大きい
  • リーガルとは同じサイズ

ケンフォードは、普段靴(スニーカーなど)より0.5cmほど大きい作りになっています。

なので購入の際は普段靴のサイズより-0.5cmで選ぶと良いでしょう。

リーガルとケンフォードはサイズが同じなので、今リーガルを使っている方は同じサイズのもので大丈夫です。

どうチャン
ちなみに、私は普段靴のサイズは26.0cmなので、ケンフォードは25.5cmがちょうどサイズでした。

②長く使うための工夫

革靴を長持ちさせるには、ローテーション履きが効果的です。

1日おきに革靴を休ませることで、汗や湿気が抜けて革が傷みにくくなりますよ。

ポイント

革靴は水分を含むと柔らかくなって型崩れしたり、シミが出来たりして傷みやすくなります。

おすすめは、2足を購入して交互に使うという方法です。

私は、2足を購入して日替わりで履いていますが、3年間使っても補修せず使えています。

2足以上でローテーション履きするのが、長く使うポイントです。

どうチャン
なるべく水分を含まないように、雨の日などは撥水スプレーを併用するのが効果的です。

created by Rinker
REGAL(リーガル)
¥2,400 (2021/09/16 21:16:19時点 Amazon調べ-詳細)

コスパ◎の革靴 まとめ

まとめ

今回は「コスパ◎の革靴ブランド」というテーマでケンフォードを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

私は、3年前にリーガルの革靴の買い替えを検討していたとき、たまたまネットでケンフォードを知りました。

リーガルと同品質の革靴ということで使ってみましたが、とてもコスパの良い革靴にたどり着けたと感じています。

どうチャン
これから新社会人として働く方や、新しい革靴を探している方の参考になれば幸いです。

 

▶ケンフォード、kb48のレビュー記事はこちら

【ブログでレビュー】ケンフォードkb48を2年使った感想

 

created by Rinker
REGAL(リーガル)
¥2,400 (2021/09/16 21:16:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
KENFORD(ケンフォード )
¥9,600 (2021/09/17 09:27:55時点 Amazon調べ-詳細)

以上です。

 

関連記事
ビジネスリュック
【2万円以下】スーツに合う通勤で使えるビジネスリュックおすすめ4選【コスパ最強】

続きを見る




-ビジネスツール
-, , ,

© 2021 どうちゃん.blog